イメージ画像

薬剤師の採用に関わる面接対策を学ぶ

薬剤師のみならず、多くの企業が採用の合否を面接で決めるというのが現状です。その割合は8~9割とも言われています。つまり、どのような職に就こうと思っても、面接対策は避けては通れない問題となるのです。

薬剤師として転職を考えている場合には、ライバルよりも印象付けるアピールが必要です。相手にとって「欲しい」と思うような人材でなければ、採用という喜びを得ることはできません。だからこそ、面接対策を行なうことによって、自分を表現する手立てを学ぶことが、合格の割合をアップさせる秘訣となるのです。

今までの経歴がどうであれ、面接での対応で興味を持たせることは十分可能です。自己都合で職場を後にしたという経緯があったとしても、納得のいくような説明であれば咎められることはありません。 これからの仕事に対する姿勢を見抜くための場として面接は利用されます。つまり、これからの可能性を十分にイメージできる人材ほど、採用したいと思えるのです。

質問に対する理解度や、返答の正確性、聞く姿勢や人間性をも評価するのが面接です。短時間であっても薬剤師としての資質や振る舞いを見られるということを肝に銘じて、面接に臨む必要があるのではないでしょうか。

面接では緊張がつきものです。しかし、自分を表現するためには邪魔になることが多いため、できるだけ飾らない自分を出すための努力はすべきです。緊張を少しでも抑えたいというのであれば、薬剤師の採用で行なわれる面接対策を立てるのが有効です。

実際にどのような質問が多く聞かれるかは、インターネットなどを中心にリサーチする事によって、はずせない内容の絞込みは可能になります。特に薬剤師としての志や、新たな職場で行なうべきことが固まっていなければ、現場では採用したいという気持ちにはなりません。

あくまで自分が面接官の立場になったときに、採用したいと思えるような内容は抑えておく必要があります。基本的な礼儀や表情など、普段から意識してコントロールできるようになるだけでも大きな武器となるのです。

このページの先頭へ