イメージ画像

薬剤師が医薬品卸業へ転職を考える場合の注意点

薬剤師として仕事をする場合には、勤務先の選択肢はいろいろとありますが、中でも一般的な職場は調剤薬局でしょう。 調剤薬局は病院で処方箋を受けた患者様に対してお薬を調剤する仕事です。 それ以外には町のドラッグストアで勤務する薬剤師も増加しています。

近頃では医薬品を購入するのに調剤薬局よりもドラッグストアへ行く風潮になっています。 医薬品のみならず多くの商品を取り扱っているので便利――これが大きな理由ですしお値段も安いです。 調剤薬局よりもより、患者様・消費者に近いポジションにあるのがドラッグストアです。

これ以外には病院勤務の薬剤師もあり、こちらはより医療の現場に近い仕事でやりがいを求める人には人気です。 そして認知度は低いのですが医薬品卸会社の社員になり薬剤師として仕事をする方法もあり転職を考えている薬剤師もいます。 ここでは、薬剤師が医薬品卸業へ転職を考える場合の注意点を説明しましょう。

医薬品卸会社はどういったことをしているのでしょう。 簡単に言いますと、製薬会社から医薬品や医薬部外品を仕入れて調剤薬局や病院へ販売することです。 こういった会社に就職して薬剤師としてのスキルをフル活用して勤務する薬剤師もいます。

医薬品卸会社は薬事法によって管理薬剤師の設置義務がある組織になっています。 採用数は多くはありませんが、医薬品卸会社が薬剤師を募集する求人もあります。

医薬品卸会社で薬剤師として勤務する場合には資格手当がつくケースが多いです。 一般的には給与水準も高くなっています。 一番のメリットは、周囲が薬剤師ではないので貴重な存在として重宝されることでしょう。 仕事の責任は重くなりやりがいにも繋がりますが、会社によっては薬剤師としての仕事が少ない場合もあります。

以上、薬剤師が医薬品卸業へ転職を考える場合の注意点を説明しました。 ご自身が薬剤師として「どういった仕事がしたいか」「どういった人と関わりたいのか」を明確にすると良いでしょう。 そうしなければ自分のイメージと違った仕事で転職に失敗することもあります。

このページの先頭へ